Hero Image

日本でブラックジャックをプレイする方法:総合ガイド

カジノを見つける
トゥエンティワンと呼ばれるカジノと言えば、ブラックジャック!多くの映画でも取り上げられる人気ゲームです。日本国内にカジノが無くてもオンラインカジノでなら合法的にしかもリアルマネーでプレイが可能!コンピューターとの対戦であるテーブルゲームのブラックジャック、そしてリアルタイムでディーラーと対戦出来るライブカジノのブラックジャック。どちらもプレイ方法はとても簡単です。ここで基本と戦略法を学んで勝利を手にしましょう。

オンラインカジノでブラックジャックをプレイ

ブラックジャックはシンプルながらも戦略が多いため奥が深く、世界中、そして日本でもとても人気のあるカジノゲームです。ルールは簡単でディーラーと自分の手持ちのカードの数字の合計が21に近い方が勝ちというものです。

ルールの21からトゥエンティワン(Twenty one)と呼ばれることもあります。

オンラインカジノでは大きく分けて、コンピューターと対戦するテーブルゲーム、そして実際のディーラーのウェブカメラを使用してリアルタイムで対戦するライブカジノの2種類でブラックジャックをプレイすることができます。

どちらも他のプレイヤーは関係なく、完全に自分とディーラーの1対1の対戦です。

ここでブラックジャックの基本のルールとベーシックストラテジーと呼ばれる戦略法を知って実際にプレイしてみましょう。

ブラックジャックの基本ルール⭐️

基本的なブラックジャックのルールはとても簡単です。ブラックジャックはディーラー(コンピューター)相手に対戦するゲームで、ディーラーのことをハウスとも呼びます。勝利のために目指すべきことは、カードの合計の数を21またはできる限り21に近づけること、またはハウスより21に近い数字にすることです。

しかし21を超えてしまうとバーストして、そのラウンドでは負けとなってしまいます。

もし最初に自分に配られた2枚のカードの合計が21ならばブラックジャックとなり、その時点で勝利が決定します。ただしディーラーもブラックジャックなら引き分けで賭け金は戻ってきます。

このゲームは通常6~7組のスタンダードトランプカードでプレイされます。使用されるカードのデッキ数が少なければ少ないほど勝利しやすくなります。なのでブラックジャックをプレイする時はできる限り少ないデッキ数でプレイされているテーブルを選ぶのがおすすめです。

ブラックジャックと他のカードゲームとの大きな違いは、それぞれのカードにポイントを決定する特別な価値や数え方があるところです。プレイする前にそれらを必ず覚えておきましょう。

カードの数え方🃏

スタンダードカード1組の数は52枚です。4種類のマーク(スーツ)に分けられ、それぞれ13枚のカードから成り立っています。ブラックジャックではマークは全く関係ないので無視してゲームが進みます。

・2~10の数字のカードはそのまま数字がポイント数となります。例えば3ならポイント、8なら8ポイントとなります。

・絵柄のカード、ジャック、クイーン、キングは10ポイントと数えます。

・エースは1または11ポイントと数えることができます。他のカードとの組み合わせによって数え方を変えることが可能です。

ブラックジャックのプレイ方法🟠

ブラックジャックは奥深い要素もありますが、基本的なルールを理解していれば誰でも簡単にプレイすることが可能です。早速ブラックジャックのプレイ方法をステップを追って解説します。

ステップ1:先ずチップを購入し(入金を済ませ)、金額を決めて最初のベットをしてください。

ステップ:全てのプレイヤーのベットが終わると、ディーラーがカードを配り始めます。ディーラー及びプレイヤー共に1枚は表、もう1枚は裏を向いた状態で、それぞれに2枚にカードを配られます。

ステップ:各プレイヤーは配られた数字の確認をします。2枚の合計は4~21の間の数字になります。21はブラックジャックで、その時点で価値が決定します。

ステップ4:プレイヤーの手がブラックジャック(21)で無ければ、プレイを続行しますが、その時に勝利を目指していくつか判断をする必要があります。

ステップ 5:全てのプレイヤーの判断が終わりスタンドした時点で、ディーラーは裏向きなっていたカードを裏返し、ディーラーの手を明かしてくれます。その時点でディーラーが21(ブラックジャック)ならディーラーの勝利が決定しプレイヤーの賭け金は没収されます。(ブラックジャックを出していたプレイヤーは別)ディーラーの手がブラックジャックでは無い場合はルールに従って勝敗が決定します。

一般的なルールでは、ディーラーの手が16に達してなければヒットする必要があり、17以上だとスタンドする必要があります。プレイヤーはこのルールを常に頭に置いて、ヒット・スタンドの判断材料とするべきです。

ステップ 6:ゲームが終了するとまた新たにカードが配られ次の勝負が始まります。

ブラックジャックの基本語句✏️

ブラックジャックをプレイする際によく出てくる語句をご紹介します。

ヒット:21を超えない数字で少しでも21に近づける為に、もう1枚カードを引くことをヒットと言います。ヒットしたカードは表向きで配られます。

スタンド:ヒットすると21を超えてしまいそうな時、または安全策をとってもディーラーが21を超えて自滅してくれそうな時に、ヒットしないことをスタンドと言います。

ダブルダウン:良い手が配られ、もう1枚ヒットすると高い確率で勝てそうな時に掛け金を2倍にすることをダブルダウンと言います。ダブルダウンすると1回しかヒットできないので、最も確率の高い絵札(10と数える)を引くと20や21になる時がダブルダウンの絶好のタイミングです。ディーラーの手が悪そうな時も有効的です。

スプリット:最初に同じカードが2枚配られた時に、賭け金を2倍にして2組のカードでプレイすることをスプレットと言います。スプリットの絶好のタイミングはA(エース)が2枚配られた時で、確率の高い絵札(10)をヒットすることを期待してブラックジャックが狙えるためです。勿論、ディーラーの手が悪そうな時はエース2枚より低いカードでもスプリットは作戦としてアリです。

サレンダー:最初に配られたカードを見て、負ける可能性が高いと判断した時に賭け金の半分を差し出して勘弁してもらうブラックジャックの特殊アクションです。尚、テーブルによってはこのルールは適用されない場合もあります。

その他の特殊な状況でのプレイ方法🔍

通常の状況以外の特殊な状況の場合、ルールが少し変わってくるので、しっかりとおさえておきましょう。

ディーラーのフェースカード10 : 最初に配られたディーラーの表向きのカードが10の場合、ディーラーはその時点でブラックジャックかどうかを確認します。もしブラックジャックの場合は、その時点でプレイヤーの負けが決定し、賭け金は没収されます。(ブラックジャックのプレイヤーは除く)

インシュランス:最初に配られたディーラーの表向きカードがA(エース)の場合、プレイヤーは保険をかけることができます。(一部インシュランスのルールが適用されないテーブルもあります)保険金は最初にベットした金額の半額となります。保険をかけていれば、ディーラーがブラックジャックでも賭け金を失うことはありません。

デッドハンド:稀なケースですが、ディーラーが2枚目のカードを明かす前に、全てのプレイヤーがバースト(21を超える)してしまった場合、ゲームは直ちに終了します。

ブラックジャックは戦略や判断が勝敗を分けるゲームです。なのでブラックジャックをプレイする前にしっかりとルールを理解しておくことが大切です。さもなければ基本的な判断ミスで賭け金を失ってしまうこともあり得ます。そしてルールを理解していれば楽しくゲームをプレイすることができます。

良いブラックジャックカジノを見つけるには❓

日本でブラックジャックをオンラインカジノでプレイすることは、実際のカジノでプレイするのとほとんど変わらない臨場感と興奮を楽しむことができます。もちろん最低限のルール全く同じなので、今からプレイして慣れておけば、今後日本に開設予定のランドカジノでも実際に楽しむことができます。

オンラインカジノでブラックジャックをプレイする場合、大きく分けてテーブルゲームとライブカジノがあるとご紹介しましたが、より臨場感を楽しみたいならライブカジノがおすすめです。

ただし、コンピューターゲームでは無料でデモプレイが出来るのでここで慣らしてから、ライブカジノで楽しむというのもひとつでしょう。(ライブカジノではデモプレイがありません)

オンラインカジノのライブカジノとランドカジノの唯一の違いは、カジノまで行かなくても自宅からパソコン、あるいは場所を選ばずスマホで好きな時にプレイできることです。

さらにライブブラックジャックは、生配信で繋がった実際のディーラーや、同じテーブルに座った他のプレイヤーと一緒にプレイできる楽しさもあります。このリアルな環境により実際のランドカジノのブラックジャックと全く同じ戦略が使え、勝利のチャンスがさらに広がります。

なぜオンラインブラックジャックの方が優れているの❓

ブラックジャックで最も勝ち易い方法とは、カウンティングという技を使うことです。実はカウンティングは通常のランドカジノでは不正行為とみなされ禁止されています。実際にこのカウンティング法を使用したことで、ライブカジノへの出入りが禁止になった学生を描いた「ラスベガスをぶっつぶせ 」と言うヒット映画もあります。

一方オンラインカジノのライブブラックジャックをプレイすると、プレイヤーからディーラーの姿は映像を通じて見ることができますが、ディーラー側からプレイヤーの姿は映し出されないので筆記用具を使用しても分かりません。よってカウンティングを事実上取り締まることは不可能なので、カウンティングしながらプレイすることができます。

カウンティングとは一言で言えばまだ配られていない隠れたカードを予想することです。例えば、絵札など大きなカードはどのくらい残っているか、逆に小さなカードはどのくらい残っているかを知ることにより、ヒットするかスタンドするかの判断材料に役立つのです。

カウンティングには様々な方法がありますが、代表的な方法はハイアンドローです。絵札等10とAは-1, そして7,8,9は±0と数え、2,3,4,5,6は+1と数えます。これを同席しているプレイヤー全員分とディーラーに配られたカード全ての記録を付けていくのです。例えば隣のプレイヤーが、10, 3, のカードだと-1+1=0, ディーラーが10, 6, 10でバーストなら-1+1-1=-1となります。こに記録をメモに撮り続け、全員分の数値がマイナスなら絵札が出にくく小さな数字が出易い、逆にプラスなら絵札が出やすく小さな数字が出にくいと判断できるのです。

ブラックジャックのベーシックストラテジー📕

ブラックジャックの攻略法で最も確実性のあるのがベーシックストラテジーです。それぞれの状況においてどのように判断するのがベストであるかが示されている表を使います。数学的な確率に基づき示された情報なので勝利の可能性を飛躍的に伸ばしてくれます。

ストラテジーの表は一見すると複雑ですが、慣れるとすぐに次のアクションが分かるようになります。ディーラーの表向きのカードと自分のカードの合計が交差する部分を表で確認して、Hならヒット、Sならステイ、Dならダブルダウン、のような指示に従うだけです。尚、表にはAを1として数えるハードハンド、Aを11として数えるソフトハンド、同じカードが配られた場合のスプリットと別々の表で確認できるようになっています。

ブラックジャック 必勝法✊

基本的な必勝法は、カウンティングを実行し、判断は全てベーシックストラテジーの通りに忠実にプレイしておけば、還元率は99%を確保できると言われています。還元率とはプレイヤーが費やした賭け金に対して手元に戻ってくる金額の平均値を指します。例えばプレイヤーが1万円使った場合、還元率が90%なら平均で9千円戻ってくるということになります。

競馬の還元率は70~80%、パチンコ・パチスロが80~85%と言われる中で、ブラックジャックの還元率99%は驚異的なのです。ただし繰り返しますが、あくまでもベーシックストラテジー等に基づいて基本に充実にプレイした場合に限ります。

カウンティングの記録を付けたり、ベーシックストラテジーの表を確認するのが面倒と思う方は、下記の最低限の基本ルールを守るようにしましょう。

以上の基本ルールを決めておけば勝利の確率は上がるでしょう!

ブラックジャック 勝ち方🎖

還元率が高いブラックジャックは負ける確率が低いのは確かです。しかし逆に勝ちも負けもせずダラダラと時間が過ぎてしまう状態に陥る可能性もあります。

しかしあくまでも勝利金を目指してプレイする場合は、ダブルダウンやスプレットがハマる、連敗した次は賭け金を増やして取り戻す、勝てそうにない時は控えめの金額をベットする等、コインコントロール的なことも必要になってきます。

ブラックジャックは還元率が高く、カウンティングやベーシックストラテジーのような数学的な確率に基づいた心強い攻略法があるのですが、大勝利を掴む為には、最終的にはは動物的勘と運を見方につける必要性があるとも言われています。そこがギャンブルの面白い部分でもありますよね。

ブラックジャックアプリ📱

日本国内の運営会社が提供しているブラックジャックのアプリは多数存在します。国内のアプリはリアルマネーをベットすることはできません。補助機能でカウンティングがやりやすかったり、ただしベーシックストラテジーを観覧出来るので、基本ルールを覚えるには良いかもしれません。

しかし海外企業が合法的に運営しているオンラインカジノがブラックジャックのアプリを配信している運営会社もあり、その場合は合法的にリアルマネーをベットすることが可能です。

オンラインカジノが提供するブラックジャックのアプリからライブカジノでプレイすれば臨場感抜群です。メモも取り易くカウンティングのための記録も付け易いのが特徴です。そもそもブラックジャックは還元率の高く勝ちやすいゲームなので是非挑戦してみましょう!またウェルカムボーナスがオファーされているオンラインカジノならお得にブラックジャックをプレイするがことができます。

カジノを見つける